美容医療の力で簡単にダイエットを実現|これが美容医療の力だ

最新マシンを活用

ダイエット

ダイエットの基本は、食事制限と運動が基本です。基本は、非常にシンプルなのですが、これを正しい方法で行なっている人は少ないです。そのためなかなかダイエット効果時間できなかったり、リバウンドしてしまったりする人が多いのです。自分でダイエットをすることを諦めた人は、大阪の美容外科の力を借りると良いでしょう。ダイエット効果を得られる施術は非常にたくさんあり、自分に合った施術を受けて、理想のボディを手に入れることができます。女性だけではなく、男性にも人気があるダイエット治療として、ライポソニックスがあります。ライポソニックスとは、1回の高密度焦点式超音波で脂肪を除去するというものです。脂肪に厚みが出やすい二の腕やお腹、太ももなどの部位に効果的な施術法で、セルライトの解消も可能です。ライポソニックスの仕組みは、脂肪を焼いて死滅させるというものです。一点に超音波を集中することで、強い熱エネルギーを発生させて、脂肪を死滅させられるのです。高温を皮膚に照射することに不安を感じる方もいますが、皮膚の部分には超音波が密集しないような仕組みになっているので、火傷することはありません。ライポソニックスは、表皮から1.3センチの深さにある脂肪を焼けます。そのため脂肪が2.5センチ未満の人は、施術を受けることができません。また、施術部位にヘルニアがある人や、皮下脂肪が薄い人も施術は受けられないので気をつけましょう。

なかなか休めない仕事をしているなら、ダウンタイムが少ないダイエット治療を選ぶことが大切です。ボディジェットは、入院の必要がなく、副作用も発生しないので、仕事が忙しい女性でも安心して利用できます。ボディジェットとは、水を噴射する力で脂肪細胞を砕き、同時に脂肪吸引をするというものです。一般的な肪吸引のようにカニューレを使用するのですが、ボディジェットの場合、水流の力で筋肉層と脂肪層の間に隙間を作ることができます。そのため筋肉や血管などの周辺組織に与える影響が少なく、ダウンタイムがほとんどないのです。1日~3日程度で仕事や日常生活に復帰することができます。ボディジェットは、ダウンタイムが少ないだけではなく、ナチュラルな仕上がりになるという強みもあります。従来に脂肪吸引だと、技術力が低い医師が担当すると、強い吸引によって皮膚の表面がデコボコしてしまうことも多かったです。しかしボディジェットでは、弱い吸引力で脂肪吸引ができるので、ムラを抑えてナチュラルな仕上がりになるのです。せっかく痩せたとしても、皮膚の表面がデコボコしていると、綺麗な体を手に入れることはできません。ボディジェットなら、仕上がりが綺麗なので、安心して水着なども着用できます。

ダイエットに関する施術を行なっている大阪の美容外科は色々あります。美容外科によって、特色が異なるので、どういう施術を受けたいのか、何を目的としているのかなどを考えて大阪の美容外科を選んだほうが良いです。ボディーデザインにこだわりがあるなら、ただ技術力が高い美容外科だけではなく、デザイン性も重視している美容外科を選ぶべきです。技術力が高くても、それほど仕上がりが綺麗にならない場合もあります。ボディーデザインというのは、センスが必要になってくるので、センスがある美容外科を選ぶと安心です。切らない脂肪吸引を受けるなら、切らない脂肪吸引に特化している美容外科を選びましょう。特化している美容外科なら、最新のマシンを導入していたり、実績が豊富だったりすることが多いです。中には、オーダーメイドの治療を提供してくれる美容外科もあります。上手に大阪の美容外科を選ぶことができれば、安全にダイエットをして理想のプロポーションを手に入れることができます。カウンセリングやアフターケアを簡単に済ませるような美容外科は、お客様のことを第一に考えていないことが多いです。カウンセリングからアフターケアまで手を抜かずに、丁寧に対応してくれる大阪の美容外科なら安心です。

脂肪吸引で痩せよう

メジャーとお腹

大阪の美容外科で脂肪吸引を受ければ、高いダイエット効果を得ることができます。脂肪吸引は、医師の技術力によって仕上がりが大きく変わるので注意したほうが良いです。信頼できる医師に任せたほうが良いです。

More Detail

注射で痩身

体重計

脂肪吸引でダイエットをすることに抵抗があるなら、脂肪溶解注射という選択肢もあります。大阪で脂肪溶解注射を行なうなら、複数回の注射が必要ですが、ダウンタイムもほとんどないので安心です。

More Detail

切らない施術

ビフォーアフター

安全性が高い脂肪吸引として、クールスカルプティングが注目されています。大阪でクールスカルプティングを利用すれば、切ったり注射をしたりせずにダイエットができます。

More Detail